2004年11月27日

(`・ω・´)日記No.45〜2日程閉じ篭ってました〜

と言うより、ブログ書きから遠ざかっていただけな訳ですが。

金曜ロードショー、「プレデター2」やってましたねぇ。
奴はエイリアンより殺り方が残忍なれど、無差別殺人はやらない。
銃とか武器を持ってない人間は殺さない。
武器持っていても、おなかに子供を宿していてる女性は殺さない。
プレデター、奴には「丸裸な人間は狙わない」と言う自分達なりのルールを
持っている様です。
つまりは、一応は理性持った生き物と言う事になります。

12月にはエイリアン対プレデターの映画が始まります。
今日の「プレデター2」を見た人は、ラスト間際のプレデターたちの船の内部シーンで、
「あれ?この頭骨…?」って思った人もいるでしょう。
でも、果たしてこの映画の中では、どちらが勝利するのでしょう。
続きを読む
posted by (`・ω・´)な俺 at 02:21| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | (`・ω・´)な詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月09日

(`・ω・´)日記No.39

面接終了。
意外と今回は、すんなりと行った感じです。
態度も…、とりあえず、声が詰まらなかっただけでもOKですかね。

話し聞いてますと、勤務時間、勤務日数が下手したらエグそうです。
受けた会社の社風、「自分の力しだいでどうにでもなる」ってところなので、
「休みねぇ〜」とグチっても「お前のやり方が悪いから」と一蹴されそうです。(w
どうも、俺ってこう言う会社選んでしまう性質持っているようです。
サービス業選んじゃった、と言うのもありますが。

ある程度地位上り詰めるまで、休みなしは覚悟しなきゃ…、いけないっすね。
それに、下につく人を引っ張らなきゃいけない、年も年だし。
仕事を真剣にやり過ぎないようにしないと…。
じゃないと、しんじまいますわな。(w

…、はてさて、どうなる事やら。
posted by (`・ω・´)な俺 at 15:07| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | (`・ω・´)な詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月03日

マリッヂ

今日も相変わらずパンを口にくわえ いつもの駅へと突っ走っていく
満員電車に乗り合わせた 「同士」達もきっと俺と同じ様に戦々恐々としてんだろう
会社につきゃ いつもの様に「おはようございます」と同僚に社交辞令
事務のかわいこちゃんにも さらっと社交辞令しておくんだ

でも俺にゃかわいこちゃんをカマってる暇なんかねぇんだ
小うるさい上司を少しでもダマらさにゃ そいでもってそいつの上に立たないけない
仕事で手一杯 自分のことで手一杯 

周りの同年代は 片っ端から家庭を築いて行くが
仕事はどうしてんだ? 自分の事はどうしてんだ?
「昇進」 この言葉しか頭にない俺は…

「マリッヂ」とは縁遠い人間なんだろうなぁ。


休日前日の夜同僚に誘われて ガラにもなく合コンなんかに顔を出してみる
上玉の子でいっぱい 酒もいっぱい さぁさ飲んで飲んではじけろ!と大脳が命令を下す
酒を飲み 適当に相手のテンションに合わせながら 俺は品定めと決め込むんだ
「本当の上玉はどれだ!」と 酔った勢いに身をゆだね 上玉達を島渡り

だが誰一人「本当の上玉」何ていやしねぇ
どっかズレてんだ どっか「違って」んだよなぁ…
それを感じて 俺は酔いも何もかもから「目覚め」 上玉達に萎えちまうんだ


いくら俺の望む「上玉」がそこにいたとしても 結婚にたどり着きゃいつか萎える
「自分のテリトリー」もなく 萎えた相手と「コケのむすまで」!?
そんな惨めな人生おくんなら俺は

「ハッピー・マリッヂ!!」と言われないでもいいかなぁと思う


結婚は何の為にするんだろう?
数年一緒にいれば 萎えちまうのに
自分の居場所がなくなるってのに
自由奔放にあそべねぇのに
昇進街道から反れちまうかもしれねぇのに
…「牢獄」に放り込まれるようなもんだって聞くのに

なぜ…
なぜ…
なぜ……!!!

人はありもしない「永遠の愛の誓い」を豪勢なチャペルでたてんだろう?
俺は不思議に思いながら 疲れた体をベットに預け 安らぎの世界へと逃げんだ


…そして休日を超え また数え切れない程繰り返した 日常を迎える
「マリッジ」そんな言葉なんて 到底聞こえて来そうにないおなじみの日常へ…
俺は出撃していく…!
posted by (`・ω・´)な俺 at 00:43| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | (`・ω・´)な詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月29日

大切な記憶

そう2年前 私に誰よりも誰よりも 暖かな温もりをくれたあなたは
今の私を見てどう思うのかな

あの頃から何も変わっていない私 ううん ちょっとは変わったかな
でも 私を取り巻く「状況」は何一つも変わっていないし
あの頃と同じ様に今 私はもがいている

あなたならきっと 傍に居てくれて その暖かな声で「頑張れ」と言ってくれるよね
「何やってるんだ」と 言われるかも知れないけど…

その「きっと」はもう叶わない
あなたはもう 遠い遠いところに行ってしまった人
けど いいんだ 叶わなくても

私の記憶の中に あなたがちゃんといるから


数ヶ月前まで 私はあなたの姿を 知らず知らず探してた
1人寂しい夜何かに あなたの名前を呟いてみたりもしたな

あなたの「温もり」が欲しくて そう 優しく受け止めて欲しくて…
でも 私が口にしたあなたの名前は 部屋の隅に消えていくだけ
もう呼んだって 戻ってこないんだよね…

あの頃なら 「呼ぶ声」はあなたに届いたよね そして包んでくれたよね
「どうしたんだよ」って 心配そうに私を見つめながら 

…そう思い出してみても遅いんだ
あなたはとっくに 離れて行ってしまった人なんだから
でも その時の私は あなたを追いかけていた

思い出なんかに したくはなかったから…


私の記憶の中にちゃんといる
幸せだったあの頃の ほのかな思い出の人として
もう 私はあなたを 探したりしないだろうけど

でも私の記憶の中に あなたがいる…

いつまでもいつまでも 保管しておかなくちゃいけない 大切な記憶として
そして貴方の存在は 私の最高の 宝物の1つとして…

私の記憶の中に あなたがちゃんといるから




(※注:ワザと女の子口調にしてみました。)
posted by (`・ω・´)な俺 at 01:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | (`・ω・´)な詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月25日

Non-heart-blues

ある天変地異のニュースを 僕はさらっとみて終わる
網膜の細胞1つ1つが 「強烈な地震に襲われた模様です!」と
鬼気迫った顔して惨状を訴える 現地ニュースキャスターを捉える

「信号」を受け取った脳が 「だから何?」と言ってそそくさと 
記憶の金庫の奥底に それをしまい込み 引き換えに命じるんだ
「あんたら もっとちゃんと伝えるべき事あんじゃないの?」ってな

僕の冷えた心には 現地ニュースキャスターの「伝えたい事」何て通用しないぜ
演技してるのか何かは知らないが 鬼気迫ったその顔が なぜかとてもとても…
僕には醜く見える

簡単に感動なんかしない 同情なんかしない 
世界にある 「本当の悲しみ」に比べりゃ こんな事小さな小さな事だから
こればっかりは 人でなしと言われてもいいや

僕は歌い続けよう
「Non-heart blues」を…。


いつの頃からだったか 気づかない内に僕は感情を捨て 大脳内の思考中枢だけで考える様になったな
おかげで少しは 見えないものが「見える」様になったかな まだ見えてない物もあるけどな

「感情」では何も解決しないって事を知り 感情論を持ち出すのを嫌い
何よりも細胞の寄せ集まりで出来た 灰色でしわくちゃな 「それ」で考えて…
いつの間にやら 滅多に笑わない 感動しない 怒りも何もしない人間が出来ちまった!

僕の冷たく乾いた心には テレビのお笑い番組も通用しないぜ
よく出来上がった 作り物のお涙頂戴な 三文ドラマも…
酷く穢れたゴシップに見えてくる

でも感動しないわけじゃない 「血も涙も」ねぇ訳じゃないぞ
本当に感動すべき事を目の当たりにすりゃ 涙の1粒でもこぼすさ
「価値観の違い」 って言われりゃぁそれまでだけど…

下らない感動ものに捧げてやろう
「Non-heart-blues」を…!


被災地に行って 惨状だけ伝えたって 同上なんかしねぇって
ありきたりのギャグかましたって 笑えねぇって
極端に歪曲したラヴ・ロマンス垂れ流したって あくびが出るってよ
「本当に必要な事」を流せよ ニュースキャスター
どんぐりの背比べから抜け出せよ お笑いの人
もう辞めにしたら? ラヴドラマ…

この世のほどんどが あくびの出る物ばっかや…


簡単に感動なんかしない 同情なんかしない
もっともっと 涙すべき事 同情しなきゃいけない事が 世の中にゃ沢山転がってるからな
こればっかりは 「あんた冷たいね」と言われたっていいや

僕は歌い続けよう
僕はずっと歌い続ける
「Non-heart-blues」を…


ちょっとだけ 哀れみと 皮肉を込めた
それでいて安らぐ…
「Non-heart-blues」をいつまでも。
posted by (`・ω・´)な俺 at 00:03| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | (`・ω・´)な詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。