2004年11月27日

(`・ω・´)日記No.45〜2日程閉じ篭ってました〜

と言うより、ブログ書きから遠ざかっていただけな訳ですが。

金曜ロードショー、「プレデター2」やってましたねぇ。
奴はエイリアンより殺り方が残忍なれど、無差別殺人はやらない。
銃とか武器を持ってない人間は殺さない。
武器持っていても、おなかに子供を宿していてる女性は殺さない。
プレデター、奴には「丸裸な人間は狙わない」と言う自分達なりのルールを
持っている様です。
つまりは、一応は理性持った生き物と言う事になります。

12月にはエイリアン対プレデターの映画が始まります。
今日の「プレデター2」を見た人は、ラスト間際のプレデターたちの船の内部シーンで、
「あれ?この頭骨…?」って思った人もいるでしょう。
でも、果たしてこの映画の中では、どちらが勝利するのでしょう。
ところで、ふと思う事が。
まぁ、前から感じていた事なんすが、どうやら仕事の面接と女を口説くってぇのには、
似通ってる部分があると感じるんですね。

自分のアピールポイントを言って、相手に「お、この人なら採用(付き合い)したい」と思わせる。
「俺にはこう言う部分があって、こう言う事が出来る、こんな経験もしてる。」って、
持ちうるスキルを曝け出してみる。
仕事の面接じゃ、それがその会社で「使えない」物だったら不採用、
女口説くという面に関しては、それ聞いた女が、その事を気に食わなかったら
その男はハイさようなら、次に当たっておくれ状態。

でも、一番重要なのがやる気(想い)をいかに相手に伝えるか。
ただなぁ…。
仕事の面接だったら、受ける会社下調べしたり何なりして、訴えるべきポイントを
掴み、それにそって訴えりゃ、後は面接時の態度をしっかりすればいい事なんだけど、
女口説くとなると、「下調べ」なんざしたらストーカーと言われかねない。
…、いや、その前に「女の為に〜」と考えたら、かなり気力萎えちゃうからダメだ。
女を口説く為に色々バカやってる他の男の姿が、俺には
「女にナメられんぞ…、しっかりしろやぁ」とうつるんですよね。
「あんな男にゃなりたかねぇ」って。
事女に対してのプライドは、俺はかなり高いです。
俺は俺、女から下に見下されたくない、これを女の前では通す。
そんな俺を気に入ってくれたら、俺もその女に興味を持つ。
興味ないんなら、俺もそ知らぬ顔。

俺、全てにおいて「受身」の傾向があるので、その面においては直さなきゃ
いけない、と感じていますけど…。
女が興味ないのに、こっちが興味持ってガンガン話しかけても、
「キモっ」と思われる予感がするので、所謂「押せ押せ」何てしません。
仕事の面接じゃ、将来やら色んなもん関わって来るので、
幾らでもやって、落ちたら「態度が悪かった、熱意が伝わらなかったんだな」と
反省し、次回につなげる気にもなります。
でも、女にそんな事してまで、気に入って貰ってもねぇ…、今までいい事あった覚えない。

まぁ、「女1人口説けない様な男は仕事の面接も通らん」
結論付けちゃった訳ですが、多分極論ですよね、これ。
彼女居ないのに、女口説くの苦手なのに、仕事の面接通る人がちゃんといる。
だから、この結論は極論も極論、大方「間違い」の部類に入るでしょう。
要は「積極的か、消極的か」の違いですよね。

俺は、仕事に関しては積極的で、女とかに関しては、消極的で受身である、
ただ、それだけの事です。
posted by (`・ω・´)な俺 at 02:21| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | (`・ω・´)な詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2日「遠ざかった」というより「逃げて」出た答えがそれですか。あなたが面接通らないのはその場の「態度」のせいじゃないってみなさん言ってるのにな。またちゃんと相手のコメント読んでない?意味理解しようとしていない?たぶん日常生活でも同じなんでしょうね?
そして、その結論は一体なんでしょう?その件に関してはマンガ「いいひと。」を見れば参考になるかと思いますが、、、使い古された表現です。序盤の「仕事の面接と女を口説くってぇのには、似通ってる部分があると感じるんですね」で終わらせておけばいいのに、不必要に断言するから…。頑張れ!なんていうか…頑張れ!
Posted by pya at 2004年11月27日 12:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1134236

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。